​ 強揉みの台湾式リフレ(足つぼ)コース!

こんなお悩みの方のために!

​☑️腰痛がある

☑️冷え、代謝が悪い

☑️何をしても疲れが取れない

☑️眠りが浅い、なかなか寝付けない

☑️他店のリフレで満足できなかった方

リピーター率90%以上の当サロン自慢のメニューをお試しください。

「体がだるい」「疲れがなかなかとれない」そんなときに...

台湾式の足つぼは、リフレクソロジーや反射区療法とも呼ばれる自然療法です。
その歴史は古く5000年以上前の古代より癒しの術として行われてきたこの療法は、1970年代に台湾で一大ブームになり大きく発展しました。
お疲れの器官に該当する反射区を押すと痛いことがあります。それは凝っているか、老廃物が固まっているためと考えられており、固いところを重点的に揉みほぐしていきます。
40分コースでは足やふくらはぎ、膝周りまでしっかりと揉みほぐすためにはじめから少し強めの圧で揉んでいきますので、台湾式が初めてのお客様には60分以上のコースでゆっくり時間をかけほぐされる事をお勧めしています。 
  『下半身が重だるい』『疲れがなかなか取れない』と感じた事はありませんか?
昔の人は『少々の体調不良は歩いて治せ』といわれていました。
しっかりと大地を踏みしめて歩くことで反射区を刺激し、体液の循環を巡らせて自己治癒力を上げていました。
ですが現代人は昔の人と違い、裸足や草履ではなく日常的に靴を履き、保舗された道路を歩くため足の裏に十分刺激が足りていません。しっかり揉みである台湾式足つぼはどんな方にも有益だと考えています。  
​    上の図は反射区を「深押し」しているところです。
手の力ではなく体重をかけることで深く押せるんですよ!台湾式ならではのスッキリ感が味わえます♪
力加減は調整できますので、遠慮なくおしゃってください。痛気持ちいい圧が一番ほぐれると言われています。
強すぎる圧は、ストレスがかかって返って全身の筋肉が凝ってしまうだけでなく、足の筋肉を痛めてしまう可能    性があるのでお勧めできません。棒などの器具は使わず、オールハンドなので安心して受けていただけます。
 

Our Vision

For Mama 出産を控えたママさんへ

ASIURA五反田は妊婦さんも大歓迎!
妊娠期間ほど足はむくんで辛いもの。
生殖腺の3つの反射区は揉まず、むくみとりをメインに足全体のお疲れを癒します。
足揉みによって代謝が上がって万一のことがあってはいけませんので、安定期になってからお越しください。
出産後の足つぼもお勧めです。母乳は血液から造られているため、血流が上がることで
母乳の出が良くなると言われています。
 

​足つぼ料金表

Our Story

お客様のご要望にお応えして、お得に通える回数券ができました!定期的なメンテナンスや集中して通いたい時に。

有効期限は​6ヶ月間。延長は20分2000円を都度払いでお受けします。

 

​ 注意事項

初めての方はお読み頂き、ご納得の上お申し込みください

・心臓病、腎臓病、高血圧、糖尿病をお持ちの方はお知らせください。
体に過剰な負担をかけられないために力加減を調節しながら揉みます。

・生理1〜3日目までの女性のお客様はお知らせください。

痛みに敏感になっていたり、血流が良くなるために出血量が大幅に上がってしまう可能性があるため、力加減を調整しながら揉みます。

・妊娠中の方にも受けていただけますが、妊娠初期の方はご遠慮頂いています。

  代謝が上がることで万が一の事があってはいけませんので、安定期に入ってからお越しください。

  3ヶ所ある生殖器のつぼは揉まず、全体的に優しい揉み方で一番ほぐれる圧でお揉みします。

  むくみで脚が辛いと思いますので、むくみ取りに重点をおいて施術します。

・足つぼ、アロマテラピー、およびヒーリング等は医療行為及び治療ではありません。

  受けられる際にはご自身の自己責任にてお願いします。
著しい体調不良時にはお断り致します。無理は禁物です。予約をされていても遠慮なくキャンセルをしていただいて、後日体調が回復してからお越しください。

・施術後にまれに※好転反応が出る場合があります。

  好転反応予防のためにもお水を多めにお摂りください。
  体調が戻らない場合は適切な医療機関にご自身で通院をお願いします。

・食直後は消化器官に血液が多く集まります。

  食直後に足揉みを受けることは基本的にはあまり問題無いですが、おなかに集まった血液が全身に分散し、消化力が多少落ちますので軽い胃もたれを起こす方がいます。できれば1時間くらい空けてからお越しいただく事をおすすめします。

・飲酒について

  施術後に飲酒しても大丈夫ですがアルコールが回りやすいのでご注意ください。

  軽い飲酒は大丈夫ですが、泥酔されているお客様の施術はお断りしています。


好転反応とは・・・

 

・体が体内に溜まった毒を出す時に、一時的に好ましくない反応が出ることです。それはおもに毒出しやデトックスと呼ばれる過程であるため心配は要りませんが、施術の後はゆっくりできる日をお選び頂く事をおすすめします。

 

・軽度では、めまい、立ちくらみ、眠気、だるさなどです。水分をしっかりとってゆっくり過ごすようにしてください。

 

・重度の場合では、嘔吐、湿疹、下痢、悪寒、失神、などです。

嘔吐、失神までなってしまう方は非常にまれで、セラピストを長年やっていますがまだ直接のお客様にいたことはありません。リフレやアロマを勉強する際にひどい例として過去の事例を紹介していただきました。いずれの場合も持病をお持ちの方か、体調が非常に悪い方で、後から念のため病院で診察したところ好転反応ということで特に問題はなかったようです。

 

 FAQ  よく聞かれる質問集

Q.男性も可能ですか?お客さんの男女比はどれくらい?

A.もちろん男性のお客様も歓迎です!

​男女比はおよそ半々くらいです。

Q.何分の足つぼコースがベストですか?

A.実は初めてのお客様や痛がりさんほど最初は長めのコースがおすすめです。

​なぜなら40分コースの場合、セラピストは64以上ある反射区とふくらはぎ〜膝回りをなるべくしっかりほぐすように心がけますのでどうしても強めになってしまします。

60分以上の長いコースですと時間に余裕があるので最初は優しくほぐしていき、徐々に反射区や筋肉が柔らかくなったのを確認してから強めに揉むので、リラックスしながら施術をお受け頂けます。

Q.通うペースはどれくらいがいいですか?

A.現代人は多くのストレスにさらされているにもかかわらず、体内循環に大切な脚への刺激が足りていないのが現状です。ですのでどんな方にも足つぼは有用だと思います。

足つぼの効果は3日から1週間ほど続くとされていますので、理想的なペースは1週間に1回です。

 セルフケアとして毎日揉んでももちろん大丈夫!お風呂上がりにツボ押しをする、デスクの下にゴルフボールを置いて踏む、ふくらはぎをマッサージする、などでこまめにケアをされている方も多いです。

生活の中のルーティーンとして足つぼを取り入れると、5年先、10年先が変わってきますよ。

 

集中してデトックスしたい場合に最適な季節は気候が穏やかになる 1.春 2.秋 ですが、足つばは体内リセットに役立ちますので、併せてご利用頂くと変化が早いです。回数券もお作りしました。

 

  他には

  ・日常的にランニングやダンスなど、運動をしている方➡︎故障を予防するため月1~4回、そして大会前後のメンテナンスに。

  ・持病がある方➡︎セルフリフレを学んでこまめに自宅でケア。

  ・結婚式に出席など理想通り脚を細く美しくしたい➡︎1週間に1回またはそれ以上。筋肉の張りとむくみをとってほっそり美脚に。

Qお白湯ってなんですか?

A.本当のお白湯は、陰(体を冷やす作用)である水を約20分沸騰させ、火の陽気を入れて中庸(ちゅうよう)にし、50度くらいまで冷ましたものを言います。

すべての食べ物は陰と陽に分けることができます。食の陰陽は中医では非常に大切にされている考えです。

​栄養もさることながら、食の陰陽のバランスもとても重要だという考えです。

(なにより楽しい食事が一番ですけどね❤️)

体調が悪い時や冷え性の方はご自宅でお白湯を作ってみてくださいね。

単に温めた水とは違うのがわかると思います。

体調に合わせて選んだスパイスを入れた『スパイス白湯』もおいしいですよ♪

Q.台湾式リフレ、英国式リフレ、整体などの違いは何ですか?

A.台湾式のリフレは足つぼや足裏マッサージと呼ばれる事が多く、しっかり反射区を刺激していく事で内側から体を整えます。刺激によって電気信号が送られ、全身を解しながら自律神経なバランスを調整します。

反対に整体の多くはは外側から体を調整します。よく整体と足つぼとどちらがいいの?とのご質問を頂き、実際定期的に整体に通われているお客様もたくさんいらっしゃいますが、どちらも併用していく事でかなり早く体が楽になる事を実感できるかと思います。

多くの英国式リフレはリラクゼーションがメインです。英国式は眠れるような優しい圧で揉むことが台湾式と大きく異なる点です。

  

  ご参考に...

 ・台湾式リフレ......体質改善、老廃物を流す、自律神経を整えることが目的

 ・英国式リフレ......リラクゼーションが目的でやさしく癒してくれる。

 ・タイ式リフレ......こちらもやさしいストロークで、さらに柔軟性回復のためストレッチを加える

 ・中国式リフレ......台湾式がベースで中国の穴(ツボ)をプラスで刺激。

 ・ヴァイタフレックス......(レインドロップで足裏や背中に施す手法)2000年以上前からチベットに伝わる手技。爪で優しく刺激する『軽摩擦(けいまさつ)』を行うことで電気信号を活性化する。全身に使えます。

Q.TVの罰ゲームでみる足つぼは本当に痛いですか?

A.かなり痛いと思います。施術でほぐすのとは違い、固いところを全力の強さで揉むそうですよ。

筋肉を痛めてしまうので、痛みが数日間あと残りしてしまうようです。あくまでもTVの罰ゲーム用です。
施術中に気持ちの良い痛さがあっても、あと残りしないのが正しいリフレクソロジーです。
 (まれに好転反応により、足裏が軽い筋肉痛のように感じる方もいらっしゃいます。体内の水分量が少なかったり、筋肉が張りすぎているためと考えられます。足裏が柔らかくなってくると減ってきます!)

時々海外などで足つぼを受けたときに痛すぎて歩いて帰るのが大変だったという声を聞きますが、それは筋肉を痛めてしまった悪い例です。

足つぼを受けた事がない方に「行ってみたいけど怖すぎて足つぼ屋さんに入れない」と言われる事がありますが、TVと違って力加減を調整しながら揉むので安心してください。足がほぐれていく気持ち良さはは格別ですよ♪

Q.反射区を揉まれて全部痛いのですが、全部悪いのですか?

A.全体的に痛い場合はかなりお疲れが溜まっている時か、持病をおもちの方が多いように感じます。

​まずは睡眠をたくさんとってリラックスすることが必要です。

体は眠っている間に回復していきますが、前日寝ていなかったりすると回復不足でどこを揉んでも痛いことが多いです。

『足つぼを受けた日は熟睡できる』と多くのお客様に言われます。足つぼは忙しい日が続いたり、疲れが抜けない時に体がリラックスするのを助けます。

Q.痛くないところは健康ということですか?

A.健康で柔らかいために押しても痛くない場合と、逆に固すぎてあまり刺激を感じない場合があります。
固すぎる反射区は、表面がほぐれてだんだん奥にあるつぼに刺激が届くようになると痛くなってくることが多いです。
初回よりも2回目、3回目の方が痛い場合があります。
セラピストは固いか柔らかいかすぐにわかりますし、時間が許す限り固い部分を集中してなるべくほぐしますので安心してお任せ下さい。体は日によって変わってきます。『今日は◯◯が痛い』と感じられるのも台湾式の楽しいところですよね。
また40分ですと最初からほぐすために全体的に強めで揉んでいきますが、もっと長いお時間のコースですと時間をかけてほぐしていきますので、むしろリラックスして受けられるかと思います。
リフレクソロジーでは診断はできませんので特定の箇所に心配があるときは病院に行くことをお勧めしています。

Q.女性セラピストは力が弱いのではないですか?

A.実はセラピストは力をあまり使っていないので関係ありません。力の強さではなく、体を倒して体重をかけて揉んでいます。その証拠に、毎日揉んでいても腕の筋肉があまり付きません。
力を使ってしまうと足の筋肉を容易に痛めますし、セラピストも短時間で非常に疲れます。いかに『力を抜きながら体重をのせて揉む』かが大切です。
女性セラピストは指の骨が細いので、むしろつぼにしっかり入って男性より痛いとも言われてます。

そして不思議なもので、体はリズムに乗せるとほぐれていきやすいです。

ただ1点を押すより、リズムを作ってあげることで神経系に働き、巡りを助けるのでほぐれていきます。

​セラピストは1ストロークのリズムや強さを大切にしています。
 

Q.人に揉まれると痛いのに、自分で足を揉んでもあまり痛みを感じないのはなぜですか?

A.自分で脇をくすぐってもあまりくすぐったさを感じませんよね。
それと同じで、自分で揉んでもあまり刺激を感じないと思います。これは人の脳の仕組みのためだと言われています。痛くなくても効果はあると思います。
ご自分で揉む時は棒や青竹のような器具を使うといいかもしれません。

Please reload

​その他にご質問がありましたら何でも聞いてください♪

​台湾式リフレはとても奥深いですね。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now